バッテリーで燃費向上??

こんにちは コイドリペアリング

 古井戸です。

今日はトヨタのアルファードのお得意様がバッテリー上がりで、出張でバッテリー交換へ

 ファイル 2015-05-26 22 34 06

バッテリーと言えばこんな経験はありませんか??

充電制御車だからバッテリーは専用のバッテリーでないとだめですよ!と高いバッテリーをすすめられた・・・

高いのが売りたいからうんちくですすめているのでは??
同じサイズなら何でもいいのでは??

なんて疑問にも思ったけど・・・「ダメです!」って言われたら聞くのも恥ずかしいし、自信が無くなってしまいますよね。

私もうんちくが詳しいわけではないのですが、バッテリーを販売している電装屋さんに聞いたところ、

安いやつをつけてもエンジンがかからない訳ではないので、その場では大丈夫ですよ。

ただバッテリーが上がりやすくなったり、充電制御車の性能を発揮できませんと言っていました。

専用バッテリーが必要なのは本当だそうです。

バッテリー云々の前に充電制御車とはなんだろうと考えたほうがいいようです。

充電制御車とは読んで字のごとく充電を制御している車で、充電制御車が出る前は車の発電機(オルタネーター)が常にスイッチが入っている状態で、常にバッテリーを充電していました。

前記にエアコンのフリクションロスの話をしましたが、(当ブログタグのパワーエアコンのページ)この状態と全く同じで、常に稼働している状態という事はオルタネーターが常にONの状態で負荷がかかるためそれをベルトで
回しているエンジンにも負荷がかかるのです。

エアコンは暑くなければ自分でOFFにしたりとできますよね。
で発電機(オルタネーター)もドライバー自身で燃費が悪ければ切ってもいいですよと言われても困りますよね。

なので、ON・OFF は車がやってはくれるのですが、ここで本題に戻ります。

何故?充電制御車には充電制御車専用のバッテリーなのか??

発電を走行状態やバッテリーの充電状態に応じて制御するシステムを搭載しており、これによりエンジンの負荷を低減し、燃費向上を図っています。
このシステムによりバッテリーは頻繁に充放電が繰り返されるため従来よりも過酷な使用環境になったので、専用バッテリーが作られました。

では、充電制御車用のバッテリーに特に求められる性能はなにかと言うと、一番はクイックチャージ性能となります。この性能が低い従来のバッテリーでは充電不足が起きたり、充電を制御する時間が短くなります。

私見ですが、一番おすすめは

ジーエス・ユアサ(GS YUASAのエコ.アール(ECO.R)

ファイル 2015-05-26 22 34 29特にエコ.アールロングライフ(ECO.RLONG LIFE)が今一番のおすすめです。

http://gyb.gsyuasa.com/product/carbattery/ecor_ll/index.html

充電制御車の特性を最大限に発揮できるバッテリーだと思います。

特にエコアール.ロングライフは車種によっては10%近く燃費が向上するらしいです。堅いところで2%とは言っていますが・・・貴方の車は10%向上するかもしれません!?

なので、その場の出費は少々痛くても燃費改善と充電不足によるトラブル予防を考えると決して高くは無い値段だと思います。

お車に合ったバッテリーのご相談 バッテリー交換 バッテリーチェック は

コイドリペアリング(http://koidor.com/)まで

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。