WAKO’S RECS レックス 施工

こんにちはコイドリペアリング 古井戸 です。

みなさん和光ケミカルのRECS(レックス)をご存知でしょうか。

近年のエンジンは環境への配慮のためERGと言って排気ガスを再循環させ

ているのと、もっとも使用状況が過酷で汚れが進行する“チョイ乗り”が多く

なっているためデポジットによる汚れが非常に多い傾向があります。

これらの汚れは吸気ポートや燃焼室に蓄積し、吸気効率の低下、やアイドリ

ング不安定などエンジン不調を発生させます。特に吸気系に付着したカーボ

ンは洗浄系燃料添加剤では除去できず、マニホールドごと外して清掃する必

要がありました。

これらの汚れを分解せずに、洗浄できるように生まれたのがレックスです。

発売されてから、非常に評判もよくリピーター続出の商品です

ファイル 2015-05-28 21 54 35 作業はスロットル以降に均一に吸い込む

   バキュームから点滴の要領でエンジンに

  吸わせて内部を洗浄します。

 これにより、パワーの回復、始動性の向

 上とともに有害排出ガスの低減、燃費の

 改善をする事により地球環境への配慮に

 も繋がります。

ERGで排気ガスの低減をする必要がある反面、汚れの蓄積による燃費の

悪化も避けられない現実に矛盾を感じる部分もあるかもしれません。

なので、このレックスで定期洗浄することにより汚れを除去し、新車の

フィーリングを保つことが、地球環境だけでなく、燃費の改善と故障予防

にも貢献するので、維持費の低減にもお役に立てます。

施工後は加速のスムーズさより、明らかに体感できる効果が得られます

ファイル 2015-05-28 21 54 16 車はトヨタのヴォクシー

 施工時にこのようにマフラーから白

 煙がでて最初は汚れが落ちているか

 らだと思いましたが、和光ケミカル

 曰く、これは汚れではなくマニホー

 ルドなどにたまってしまった薬剤が

 レーシング(空ぶかし)した時に一

 気に薬剤が燃焼室に運ばれて燃える

 ことにより出る白煙だそうです。

最初は“お~~っ”って感動しましたが勘違いでした。

ちなみに、私のエルグランドは全く白煙が出ませんした。走行距離1万

キロ前後で施工したのですが、明らかに加速が変わり燃費が向上しました。

このような低走行車に施工しても体感が得られるので、エンジン内部はかな

り汚れやすくなっていることも想像できます。

あまり多く汚れが堆積してしまうと落としきれなく可能性もあるので、定期

洗浄は行ったほうがいいと思います。

アイドリング不調の輸入車に施工するとアイドリングが安定することも多々

ありました。通常だと分解洗浄しなければ直らないので、レックスはそうい

う意味でも非常に経済的な商品でもあります。

同時にスロットルボディーの洗浄をやるとさらに効果的です。

レックスで新車のフィーリングをいつまでも

リースカーの法人様でも定期施工による燃費改善を期待できます。

コイドリペアリングでは法人様の車両の維持費削減のためのコンサルティン

グも行っています。

定期洗浄により燃費改善 アイドリング不調による洗浄などレックスの

ご用命は

コイドリペアリング(http://koidor.com/)まで

info.enjoycar@gmail.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。